エーテル

ここに入居したての頃は常にテレビが付いていた 理由は人の声が聞きたくて、音がないと淋しいと感じる性分の、十代を生きてたからだ 部屋は暗く、でも人の声は聞こえる そんな環境で明日を待ってうつらうつら、していたのだけれども、今はめっきりテレビはつけなくなった 秒針の音と、外から聞こえる虫の声、一階だから人の歩く音、駆けて行く音、ヒールのコツコツという音、シーツの擦れる音 今迄ひとつの感覚でしかなかった夜が、一気に多方面に広がった それと同時に暗くしていた部屋は、間接照明の明かりが無いと眠れなくなった 多角から攻められる現実から薄暗い何処か、へ逃避する為なのかもしれない 季節は流れても壁のひんやり感と裾がめくれ上がるのはいつまでも変わらないけど 

 

雨の日に傘を差して、散歩をすると思い出す事がある 数年前に写真に収めて、記録していたけど今はもう無いけど 信号機の青が濡れた路面に反射している写真 あれは十代最後の傷だった 今でも傷は痛む 青い路面が私をいつまでも地に縛り付けている 雨の日、傘を差しながら歩く現在に、確実に起きた現象であったけど、現在にとってはただの心象に成り上がっている 青い路面 美化、ともいうでしょうが、まったくもってうつくしいものではない 未だ覚えていることがある 車窓からり行く景色を見ていた 生温い車内 オレンジ色の街灯 気持ち悪く感じるストッキングとコンタクトが潤んで目を閉じるしか出来なかった、あの日 こんな風に必死に過去と未来を紡ぎ、縫いつけようと試みてる だけれども縫い目は何処なのでしょう 何処に行ってしまったのでしょうか 凍ったまま先日、二十一になってしまった 恐ろしい

あおのおわりはぐるぐると

 

 

まとまりはないけど、最近読んだ三島由紀夫の小説の中で、町のどの軒先にでも星はやさしい点滴のように光っていた、とあり、とても感銘を受けました

 

 

温度

最近、煙草を吸ってしまう機会が多くなった

 

寒くて息が凍りそうなのに紫色の煙は吸える自分が恐ろしい

 

風は絶えず吹いていて、今は前も見えない

 

私は今のところから逃げようと思います

 

 

むだい

きみはゴーストワールドを知ってるか 映画なのだがその中にイーニドという女の子が登場するのだが、そのイタさが痛い程刺さるというか、何者かに成れると模索している紙屑の様な私をいたぶり苛める 早々に自分の中のイーニドを殺さなくてはとも思うが中々上手くいかないのが現実 甘くはないのさ 未鑑ならば是非

風邪をひいた時

起きたらもう喉は痛くて、これは完璧に風邪でした 可愛い子は幸せになればいいし、私が大好きな人たちは勝手にどこかで幸せになっていてほしい 見える場所でも見えない場所でもいいから 空の水槽の私が溢れる程、満たされることは来るのでしょうか

クラブナイト

終末、に興味を抱いた 勿論あなたの週末のご予定はどうなんでしょうか、名前も知らない花を見に行くのでしょうか 黒いギターは錆びついてきました それはさておき、小学生の頃に自宅への帰路で出会った三毛の猫、ラップの終わり際、路面が雨に濡れそしてまた乾くまで、事柄が終わりを告げるまで、あなた方はいかがお過ごしでしょうか

デイドリーマー

窓枠に当たる雨の音を聴きながら、THE3名様を観てヘラヘラ笑ってる 日常が満たされている人は、こんなにも音楽や演劇や小説に触れなくて済むのだろうか、と雨の夜はふと考える事が多くなった気がする 横断歩道が信号の青色で反射してようやく路面が濡れている事に気付いた夜 あの日からずっと同じ渦の中にいるままだ 好きなものを何でも、百個出さなくてはいけないとすると、私は誰かに選ばれるのだろうか 甘い蜜を啜りながら侮っていた日常が、今では腐って歪んでいる けれど何時迄も同じ場所で弾み続けるスーパーボールを、今夜も瞼の裏で見続けるしかない 私は雨の夜に哲学をする

屋上から飛び降りるスピードで

単純に呼吸をしただけなのに息が白くて、ここまで季節が過ぎてしまったという事実に身震いした。 

先週の今日、10月13日は銀杏BOYZ日本武道館の公演を観に、九段下まで訪れていた。限りなく現実に近い会話を交わしていた昼間が、新幹線の車窓からの景色が目まぐるしく変わっていく間に、幻だったとも錯覚させた。

ライブのレポートは私はあまり上手ではないので書くのは怖気付くが、音楽ニュースの通りの、あの景色をみてきた。何より、ナイトライダーが聴けたのが私にとって救いだった。

刹那を生きる峯田は、それを42.195kmを走らなくてはいけないランナーなのにまるで僕は、100m走の勢いで日々を駆けている、駆けなくてはいけなかった、それしか出来なかったと言っていた。

 

死に急ぐのではなく生き急ぐのさ

 

確かに彼は、それを体現していた

ひとりぼっちの部屋でカーテンを眺めているだけの生活、薄暗い部屋で呼吸をしている私を42.195kmを100m走の速さで連れ出してくれるのはいつでも銀杏BOYZだけだった。

暗い高速バスの中で街灯しか視界に入らない景色を見ながら聴いた、光

真夜中に走りながら聴いていた、ボーイズオンザラン

赤の炎から青の炎へ変わった貴方は、静かに燃えている貴方は、腐り始めた10代を光へ連れ出してくれた、少なくともそう思っている。

 

 

 

 

___________________

 

夜中は、次の日始発で帰る為に適当なファミレスで夜が明けるまで酒を飲んだり、時間を過ごした。閉店した中華料理屋のメニューを見て、ああだこうだ言ったり、水たまりに足を浸さずに走ったり、あれはあれでとても楽しかったな。わからない20歳がもう直ぐ終わる